2014年04月15日

数学インプレッション(早稲田大学-政治経済学部)

こんにちは、ナンバー・ゼロです。
もうすでに桜も散って新生活も動き出した今日この頃、みなさまお元気ですか。
春かと思いきや次の日には寒かったりして、体調を崩しやすくなっています。
朝なんてまだまだ寒いですからね、気を抜かないようにしなければなりません(-_-)

さて今日はお久しぶりの数学インプレッション第2回です。
今回は、早稲田大学政治経済学部の問題です。
前回の慶應経済に並び、私立の経済系の学部の最高峰に位置する学部です。
ここは慶應とは違い、数学受験と社会受験が同じ枠の中で争います。
一般に言われるのは、社会受験よりも数学受験が有利と言うことですが、これは社会の問題の難度と比較すると数学はそれほどでもないことが理由です。
実際の所はどうなのか、ちょっと見ていきましょう。


続きを読む
posted by ナンバー・ゼロ at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

時事問題(2014年3月)

こんにちは、ナンバー・ゼロです。
何ともはや、いつの間にか4月になってしまいました。
これで1年の4分の1が終わったことになりますが、そう考えるとそのスピード感に恐ろしさを感じます。
今年も無事に過ごせていけたらすばらしいですが、果たして・・・

さてさて、月初と言うことでお決まりの時事問題を公開致します。
この時期はあまり需要がないのかも知れませんが、もし使えそうであればお使いください。
時事問題はこちらからダウンロードしてください。



誤植等無いように気を配ってはおりますが、見つけましたらコメントやメールにてお知らせくださいませ。


それでは今年度もよろしくお願いいたします。
posted by ナンバー・ゼロ at 13:00| 神奈川 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

数学インプレッション(慶應義塾大学-経済学部)

こんにちは、ナンバー・ゼロです。今年の大学受験も折り返しはとうに過ぎ、残すは国公立大学の後期試験といくつかの私立大学の試験のみとなりました。
現高校2年生は実質受験学年へと入っており、終わりのないサイクルなのだと実感させられます。

さて、今日は数学インプレッションと言うことで、各大学・学部の入試問題を私が実際に解いて、思うところをつらつらと書いていこうかと思います。
文系が中心になってしまいますが、有名どころを中心にやっていきたいと思います。
(リクエスト等ありましたら、メールやコメントにてお願いします。)

初回である今日は、慶應義塾大学の経済学部の問題です。
この学部の入試の特徴は、明確に数学を重視している点です。
数学受験はA方式、社会受験はB方式となり、A方式は定員480人でB方式は240人です。
数学受験と社会受験を分けている私立大学は殆どありませんので、注意しましょう。

当然、国立理系の受験生が受けることが容易ですので、A方式のレベルは偏差値以上に高いものになります。
受験者層は、東大・京大・一橋など最難関国立大の受験生(文理は問わず)や医学部志望まで存在するという分厚さ。
科目数が少ないという理由で「楽勝だ」などと思っていると勝負になりませんので、ご注意ください。

続きを読む
posted by ナンバー・ゼロ at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。