2013年10月11日

国公立2次試験廃止?

国公立大学の2次試験で学力試験を廃止し、面接などでの"人物評価"に切り替える方向で検討が行われるとの報道がありました。要約すると、「学力試験は1次試験のみ(センターを元にした新テスト)で、2次試験は面接を行う」ということです。
入試制度も時代と共に変わっていきますから、それに対して無条件に反対することは避けるべきでしょう。

確かに知識偏重であることは好ましいことではありませんし、重箱の隅をつつくような問題は意味がありません。
知識は基本的なものにおさえ、その運用力を試す試験であることが望ましいのはよく分かります。

ですが、そもそも大学って何のための場所なのかを考えるべきでしょう。
あくまでも研究のための場所であり、教育が最重要視されるような場所ではないはずです。
そこに入るための試験のハードルを下げるというのは、大学の低レベル化を招いてしまう気がするのですが・・・
確かに知識偏重は好ましくありませんが、ある程度のレベルを担保するにはある程度の知識水準は必要であるはずです。
それを"ゆとり教育"を通して学んだはずなのですが、どうしたものか。

また、面接で"人物評価"を行うことがいかに難しいかという話もあります。
結局ここでも面接のテクニックなどが重視されることになりますから、それと知識偏重とでは大差ないのではと思ってしまいます。
まずもって、その公平性を担保することが困難ですよね、コネを完全に排除することは難しいですし。

こうなったらいっそのこと、国公立大学を二種類に分類してしまえばよいのではないでしょうか。
『研究を重視する大学』と『教育を重視する大学』と分け、前者では今まで通りに入試を行い、後者では学力試験廃止とします。
加えて、『研究を重視する大学』では手厚い奨学金を使えるようにする、と。これはある意味国の将来への投資ですね。

おそらく、これから様々な意見が上がってくると思われます。
その議論の中で、洗練された新しい制度が持ち上がってくることを祈ります。


今日はこの辺りで失礼します。
それではまた。
posted by ナンバー・ゼロ at 15:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

赤本と青本

こんにちは。
夏に行われた模試も返ってきて、受験生の意識も変わってくる時期です。
このブログでも何回か触れていますが、受験生の皆さんはもう過去問を入手していますか?
まだという人は早めに買いそろえておきましょう。品薄になることが結構あります。
また、志望大学の過去問を机に積んでおくだけでもモチベーションが変わってきますから、書店に足を運んでみてください。

大学入試の過去問には、「赤本」「青本」が存在します。
黒本(河合)や白本(代ゼミ)、緑本(Z会)は今は主にセンター試験の問題集ですから、個別入試に関しては『赤or青』です。
今日はここで「赤本」と「青本」の違いを簡単に説明しておきたいと思います。

まずはメジャーな「赤本」から行きます。
「赤本」は教学社から出版されている大学入試の過去問集です。
おもな特徴としては、

・網羅している大学の数が多い。
・収録年数が多い。

の二つがあげられます。

続きを読む
ラベル:大学受験
posted by ナンバー・ゼロ at 15:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

高2向け数学IAの復習(その3)

こんにちは。
昨日まで、高校2年生向けに「数学IAの復習」特集をお送りしました。
これで完結かなとも思っていたのですが、実は数学IAには単元選択があったことを失念していました。
ですので、第三弾として記事を追加することにします。

まず最初に断っておくと、単元の選択があるのは数学Aです。
このブログでも何回か触れていますが、数学Aは3単元の中から2つを選択して履修することになっています。
センター試験ではこれを考慮した問題構成になるはずで、選択問題が導入されるものと思われます。
ただし、国立二次試験では全ての単元を出題範囲としている大学があるので、志望大学のウェブサイトで確認して下さい。
(ちなみに、数学Tは一律同じ単元を学習することになっていますから、何が出ても文句は言えません。)

上述のように、全ての単元を出題範囲とする大学もあるので、結局は全ての単元を学習せざるを得ない可能性はあります。
ですが、センター試験だけしか数学を使わない人や、選択問題を導入する大学を受験する人は2単元で済むわけです。
個人的には“全て学習するべき”と思いますが、省エネでいきたい人もいるでしょう。
ですので、今日は省エネ志向の人に向けて、「現段階でどの単元を復習しておくべきか」を考えてみたいと思います。

続きを読む
ラベル:高校数学
posted by ナンバー・ゼロ at 14:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。