2014年07月09日

新課程センター数学TAの対策(前書き)

こんにちは、ナンバー・ゼロです。
梅雨ではあるものの、あまり雨が降らないなと感じる今日この頃。
こういう日が続けばと思う一方で、台風8号が沖縄にやってきていますので、気は抜けません。
梅雨明けはそう遠くないわけですが、明けたら明けたで暑い夏がやってきます。

受験生は「梅雨だから」ですとか「暑いから」などとは言っていられません。
やらなければ時間は過ぎていき、周りから置いていかれるだけです。
『嫌であっても、やるべきことはやる』というシンプルなことをいかに貫き通せるかがポイントです。

新学年になって最初に受けた模試が返却されて、暗黒の気持ちになってる方も少なくはないでしょう。
ただ、大学受験で余裕を持ってゴールテープを切ることが容易にできるはずもありません。
ほとんどの人が弱点を抱えながら受験を乗り切るものです。
ですから、あまり深刻に考えず、建設的に学習計画を立てるようにしましょう。
お悩み相談はメールにていつでも受け付けておりますので、お気軽にどうぞ。


続きを読む
posted by ナンバー・ゼロ at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

2014年度版 模試スケジュール(高3・既卒用)

こんにちは、ナンバー・ゼロです。
もうすぐそこまで夏の足音が聞こえてくる昨今、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

受験生のみなさまは、「受験生に夏も冬もない」などとお思いでしょうが、やはり勝負の夏です。
ここを充実したものに出来るか否かで、秋以降の心持ちも大分変わってくるでしょう。
後悔先に立たず、といいますから、今からしっかり準備をしておきましょう。

さて、大学受験生ですと1ヶ月に1回は模試を受けるペースになっていると思います。
マーク模試、記述模試ときて、今後は大学別の模試も登場しますから、さらに頻度が上がっていきます。
そしてただ受けるだけではもったいないですから、それを有効活用していくべきなのは当然です。

そこで私から模試のスケジュール表をプレゼントします。(こちらからダウンロードしてください)
これを使えば、今の段階でもある程度の見通しが立ち、学習計画も立てることができるはずです。
考え方としては、「一つの模試をメインにして、その間をサブの模試で埋めていく」というものが主流です。
(例:メインは河合の全統模試、サブは東進の模試)
そして、その模試に合わせて勉強のペースを組んでいくようにしましょう。
(例:マーク模試までに、センターの過去問をXX年分解く→センターの過去問を1週間に2つ解く)

このスケジュール表では、大学別の模試は記載していません。
手が空き次第作成し追加しますので、少々お待ちください。

※細心の注意を払って作成していますが、万一間違っている箇所等ございましたら、コメントやメールにてお知らせください。

今回はこれで終わりです。
高1・高2用のものも順次作成していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは。


7月21日追記:第2回の全統記述模試が重複している誤りを修正しました。
ラベル:大学受験
posted by ナンバー・ゼロ at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

数学インプレッション(京都大学文系-後半)

数学インプレッション(京都大学文系-後半)
こんにちは、ナンバー・ゼロです。
今日は数学インプレッション第5回として、京都大学(文系)の後半をお送りします。





ではここでもう一度全体像をチェックしておきましょう。

・満点
100〜200点(学部により異なる)
・大問数
5問
・時間
120分
・特徴
小問による誘導がない問題も含まれます。
一部理系と共通になる問題も出題されます。

続きを読む
posted by ナンバー・ゼロ at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。