前の記事 TOP 次の記事

2014年06月18日

ゴールだけじゃない

こんにちは、ナンバー・ゼロです。
ただいまワールドカップ真っ最中ですが、地球の裏側開催はキツイですね。
まったく夜がやって来ている気がしません。
次はロシア開催なわけですけど、あの東西に広い国土でどのようにやるのか興味深いです。
いっそのこと全部シベリアでやればいいのにと思っています。

今回のブラジル大会は気候もあいまって、動的な試合が多いように思います。
逆転勝ち、土壇場でのゴールなど絵になるシーンが目白押しですね。オランダのファンペルシ選手のゴールなんかはあっけないですが超絶技巧です。ただ、私の心に刺さったベストシーンは、ゴールシーンではありません。

スイス対エクアドルの終了間際、ヴァロン・ベーラミ選手がセンターサークル付近でタックルを受けます。
恐らくファウルだったと思うのですが、彼はすぐに立ち上がりドリブルを再開します。
主審はアドバンテージをとってこのファウルを流すのですが、決勝ゴールが生まれたのはその数秒後です。


どこの国とは言いませんが、バタバタと倒れてファウルをもらいにいく選手が多い中で、ベーラミ選手のプレーはまぶしすぎました。
あれが決勝ゴールにつながっていなくても、彼の爽やかなプレーは世界中の人々の心に残ったことでしょう。

日本代表の次の試合ももうすぐです。
最初の試合は少し残念な結果になってしまいましたが、今度こそ素晴らしいプレーが見られることを願っています。

みなさんも寝不足には気をつけてくださいね。
それでは。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。


posted by ナンバー・ゼロ at 15:54 | 神奈川 ☔ | 雑想

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa