2013年11月29日

奮闘、数学V(プロローグ)

みなさまお久しぶりです。
ここのところブログをお休みしており申し訳ございません。
絶え間なくテストが押し寄せ、日々がますます充実したものになっています。
大変ありがたいことで、このような日々が長く続けばと祈っております。

さて、最近私は数学Vを学習しております。
ちょうど新課程に切り替わった時期にその必要性が生まれただけなのですが、高校生と同様に教科書を使って勉強しています。
私は一般的な文系の人間ですので、数学はTAUBまでしか履修しておりません。
ですから、数学Vは新しい分野ということで毎日が発見の連続です。本当に楽しい!!
ただ勉強の途上には当然苦労もあり、自力で解決する大変さをしみじみと感じています。
きっと高校生のみなさんも同じような単元でこれから苦労をするのでしょう。

そこで、私が数学Vを学習していく上で感じたことを、数学TAUBとの接続という面から記事にしていきたいと思います。
おそらく、「複素数平面」「式と曲線」「関数」の三つの単元は確実にカバーできるはずです。
数学Vの内容の中で、何が新しくて何が今までと同じなのか、高校生のみなさんにも伝わるように書いていきます。
不定期になってしまうとは思いますが、ご期待くださいませ。


今日はこれで終わりです。
そういえば、このブログは本記事で201件目の投稿になります。
まだ1年経っていませんが、もう200を突破したことをうれしく思います。
またこれもご覧いただいているみなさまのおかげです。感謝申し上げます。

それではまた。
posted by ナンバー・ゼロ at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。