2013年07月31日

そこに山があるから

こんにちは。
日々Wikipediaをさまよって、知的好奇心を満たすのが楽しい今日この頃。
先日は『山』について知りたくなり、色々なページを見て回っていました。
私は全く登山をしませんが、やはり山にはロマンを感じます。
特に高い山はその存在が神聖なものに感じられて、勝手にあこがれを持ってしまいます。

世界で最も高い山は言わずと知れたエベレスト(チョモランマ)ですが、世界には8000メートル級の山は14あり、その全てがヒマラヤ山脈もしくはカラコルム山脈にあるそうです。
カラコルム山脈というのは、中国・インド・パキスタンの国境にある山脈ですので、全ての8000メートル峰はアジアにあることになります。
それらの名称も「カンチェンジュンガ」や「ダウラギリ」、「アンナプルナ」など大変エキゾチックな雰囲気で、テンションを上げてくれます。

その中で私の冒険心を最もくすぐってくれたのは、「K2」です。
これはそのまんま『ケーツー』と読みます、ちなみに「K」は「カラコルム」のイニシャルです。
「K2」は世界第二位の高さを誇り、8611メートルもの高さがあります。富士山2個分以上ですから、想像を絶する高さです。。。

続きを読む
posted by ナンバー・ゼロ at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

沈む船の船頭は

こんにちは。
7月も残すところ2日で、忙しさもピークと言ったところですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

現在時事問題の作成に取りかかっています。
その中で、現在の事例と過去の事例を比べたりするのですが、一つ印象に残ったことがあります。
政治がらみの話ですが、政治的主張とは関係のない話で、単に組織運営についてです。

先日の参議院選挙で、民主党は大敗しました。
それがきっかけというわけではありませんが、民主党は崩壊寸前までに組織が崩れてしまっています。
数年で議員数が400から100あたりまで減少してしまえば、結束力が落ちてしまうのもやむを得ないかも知れません。
いかに国会議員とは言え、やはり期限のある職業である以上、自分の身がかわいくなってしまうのは当然です。
結果、各議員のベクトルが別方向へ向いてしまい、党としてまとまりを欠いてしまうのです。

続きを読む
ラベル:政治経済
posted by ナンバー・ゼロ at 16:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

合格る計算 数学TAUB

今週の教材は、文英堂の「合格る計算数学I・A・II・B 」です。
この教材は、計算練習用ではありますが、よくある計算練習用の教材とは趣が異なります。
それは“計算のテクニック”に重きを置いている点です。
単純に練習量に依存するのではなく、途中式の省略などの工夫を交え、計算スピードと精度の向上を目指します。
特に計算量の多い数学UBにおいては、スピードと精度を両立する必要がありますので、このような脇道練習も重要です。

ご購入はこちらからどうぞ→合格る計算数学I・A・II・B (シグマベスト) [単行本] 

続きを読む
posted by ナンバー・ゼロ at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。