2013年05月29日

国立大学受験について:序論

こんにちは。
関東地方も今日から梅雨入りだそうで、しばらくは気分の晴れない日が続きそうですね。
今日は、『国立大学受験』について書いてみたいと思います。
高校2年生も、そろそろ自分の進路について考え始めなければならない時期ですので、ぜひ参考にしてください。

最初に、国立大学へ進学するメリットについて考えます。

最大のメリットとしては、やはり“学費が安いこと”でしょう。
私立大学ですと、文系で1.5から2.5倍、理系ですとそれ以上です。
さらに、医学部であれば、5から10倍ほどになりますので、これは無視できないメリットです。
※アバウトな数字です。詳細は各大学の要項をあたってください。

加えて、これはイメージ的なものですが、国立大学の学生は“一般的に”真面目なイメージを持たれます。
このことは、就職活動などでもプラスに働くことが多いです。
※これもあくまでもイメージ的な話です。もちろん、例外はあります。

続きを読む


posted by ナンバー・ゼロ at 16:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。